12345678910111213141516171819202122232425262728293031
m-stylmini41.gif

2010-03-15 (Mon)
ボッケリーニ、と言えばメヌエット、、、?

土曜日フェニックスホールで聴いたスターバトマーテルは最高でした。

宗教曲は難しい、長い、覚えられない・・・ちょっと苦手意識があるのですが、
ロッシーニのプチミサに続く鮮烈な感動を受けました。
残酷で絶望の淵にいるマリア(ソプラノ)を5人の天使(弦楽器)が優しく囲んでいるように見えるのです。
時に語りかけ、励まし、嘆き。ソプラノとチェロのデュエットの何ともいえない慈悲深さ。

前半に聴いたクインテットでも絶妙なバランスとアンサンブル感覚にお互いを思いやる優しさが
満ちていることに驚き、本当に羨ましいばかりにも素晴らしかったです。。。


キアラ・バンキーニ&アンサンブル415
マリア・クリスティーナ・キール(ソプラノ)

プログラム
L.ボッケリーニ:弦楽五重奏曲ト短調作品29-6、ハ短調作品31-4
L.ボッケリーニ:スターバト・マーテル(悲しみの聖母)

473.jpg


インタビューレポートが読めます。


スポンサーサイト
| 音楽雑記 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する