12345678910111213141516171819202122232425262728293031
m-stylmini41.gif

2011-06-20 (Mon)
妊娠中に出会ったお勧めの本をつらつらと。

一冊目は鮫島浩二先生著、"わたしがあなたを選びました"
つわりで苦しかった初期、クリスマスプレゼントにYOKOTANから頂いたものです。
気持ちが閉塞的になっていた頃で、心がポワァと温かくなったのを覚えています。
絵本なので何度も読み返せます。
110617_132831.jpg

二冊目は図書館で運命的な出会いをした一冊。
豪田トモ著、“うまれる”
これは本当にたくさんの方に読んでほしいです。
即主人に勧めて読んでもらったところ、
もし子供の事に悩んでいたり、妊娠中の人にお勧めの本を聞かれたら
この本を勧めるね、と共感しました。
文中で先ほどの鮫島先生も出てきます。
一つの命の誕生、そしてこの世に産まれ、生きるということが当たり前ではない、
いかに奇跡的な事か、すごい事かと考えさせられます。
一人ひとりが意味を持って生きているのだと自分自身も
他人を思う心も見直せるはずです。
110428_113058.jpg

普段から没頭して長編小説を読む時間はあまりないので
ちょこっとつまんで読めて共感出来るハッピーなものを探す傾向があります。
特にエッセイが好きなこの頃。
これまた図書館で見つけたのが本上まなみ著、“はじめての麦わら帽子”
本上さんの妊娠出産そして育児、おとんとおかんのこと、お勧めの本だったり、
家族の事だったり、色んなエピソードがほんわかして清清しくて読みやすい。
そして食いしん坊で旅行好き、そして大阪育ちという共通点も嬉しいところ。
女優さんですがエッセイストでもあられますから文章も上手です。

そうそう、余談ですが、芸能人のエッセイといえば
片桐はいり著、“グアテマラの弟”と石田ゆり子著の“天然日和”もお勧めです。
特にグアテマラは笑えます!
大山 058

最後にもう一冊!
小栗左多里とトニー・ラズロの共著、“ダーリンは外国人with BABY”
主人の職場の方に頂いた一冊。かつてはまりまくっていたダーリンシリーズです。
笑えるところ満載!トニーの息子さんの愛称がトニーニョだったり。
モールス信号送ったり、おへそがじゅぼじゅぼだったり・・・
ですが結構参考になるエピソードも多く優れものです。
気軽に楽しめて良い感じ☆

51+YyqYiqUL__SS500_.jpg

おまけ。
じめじめ雨が不快指数をアップさせますが、今日はペパーミントの日だそう。
ちょっと爽やかな気分になりませんか?
illust-springsoda-2.jpg
スポンサーサイト
| 旅と温泉、本に映画 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する