123456789101112131415161718192021222324252627282930
m-stylmini41.gif

2011-11-03 (Thu)
もう霜月なのですね、とはいえ、今年は秋が長く、
いい気候が続いているので過ごしやすいので助かっています。
カレンダーもあと二枚、早いものです。

本来ならば本日は地元でコンサートの予定でした。
楽しみにしてくださっていた方々には本当に申し訳ありません。
腱鞘炎の痛みはだいぶん治まってきました。
まだスラスラと思うようには動かせない事に焦ってしまうのですが、
また同道巡りになってはいけないと、リハビリだと思ってやっていきます。
でも、今回のことで今まで気に留めなかった事に気づいたり、新しい視点で
物事を見れるようになった自分を感じられる面は少しだけよかった事かもしれません。
とは言え金輪際このようなことはあってはならないと肝に銘じております。

素晴らしい有り過ぎる名曲レパートリーが少しずつ少しずつが沢山自分のものにになるように
これからもずっと温めてまいります。
どうかまた聴いて頂けますように、宜しくお願いいたします。



それから、
先週末、行ってきました。
春の物が延期になってようやく実現した伊藤晃のリサイタルです。

親しみの持てる小品から難易度の高い現代曲、ソナタ、無伴奏とバラエティに富びつつ
フランス音楽にまとめられたプログラムでした。
全ての曲を全身全霊で吹き込んでいるのがビンビン伝わってきました。
息吹からエネルギーを感じるのは管楽器独特の良さですね。
後半の演奏でより彼らしさが感じられ、素のユニークな一面も垣間見ることが出来、
実はそこが彼の魅力だと思うので、これからどんどん自信を持って歩んで行ってほしいと
思います。

りっひゃんと共に多少無理した東京行きでしたが、初めてのリサイタル、を聴けてよかったです。
そう、りっひゃんは強行スケジュールをこなした為成長レベルが上がったようで^^;
帰って来てからはコロンコロン寝返りながら動き回っております。

可愛い子には旅をさせろ・・・?!



最後になりましたが、作曲家のT先生、素晴らしいプログラムノートを姉弟揃って
書いて頂けました事ありがたく感謝しております。
ブログへ早速記事を載せてくださりありがとうございます。
また非常に的確なメールを早々に本人へありがとうございました。(同感です)
これからもビ~シバシ本音でご指導頂けます様お願いいたします。^^;
大阪へお戻り、お時間お有りの際にはまたお目にかかれましたら幸いです。


●2011年10月29日(土)
伊藤晃サクソフォーンリサイタル
@ソノリウム
Piano服部真理子
18:30開演(18時開場)
前売り:2500円(当日3000円)
お問い合わせ:03-5250-1062
銀座山野楽器(直通)
MAIL:office-irisee@mail.goo.ne.jp
(チラシクリックで詳細拡大します)
スポンサーサイト
| 音楽雑記 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する